スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






彩雲国物語 小説、アニメ、ドラマCD、応募者特典情報サイトトップ >彩雲国物語 感想 >>彩雲国秘抄(上)ビーンズ文庫版 ネタバレ・感想 新書判より分かりやすく

彩雲国秘抄(上)ビーンズ文庫版 ネタバレ・感想 新書判より分かりやすく

彩雲国秘抄(上)ビーンズ文庫版のネタバレ・感想というほどでもないですが。

アマゾン
2016年2月27日
彩雲国秘抄 骸骨を乞う (上) (角川ビーンズ文庫)
彩雲国秘抄 骸骨を乞う (上) (角川ビーンズ文庫)

2016年3月31日
彩雲国秘抄 骸骨を乞う (下) (角川ビーンズ文庫)
彩雲国秘抄 骸骨を乞う (下) (角川ビーンズ文庫)

まだ数十ページですが懐かしく読み返していると「あれ? こんなこと書いてあったっけ?」とか「あれってそういうことだったの?」とか「ぼかして書いていた人物の名前が!」という発見があり、ネタバレ部分がいくらかあるようです。
2012年発売の彩雲国秘抄(新書判)とはちょっと違っています。
大人向けに描写がかなりぼかされていた印象のある新書判と比べ、ビーンズ文庫読者向けということもあってか読みやすくなっていると感じます。
挿絵があるのも読みやすさの一因かと。

彩雲国秘抄(上)ビーンズ文庫版のカバーとじの「後書きがわり」を読んで、「作者には補足・改稿することによる既読者への配慮はない」と感じられてちょっと幻滅。
あれだけ分かりやすい改稿は初読み段階の余韻をぶっ壊されるんですよねー。
ザ・ビーンズと文庫で外伝・短編集などの内容が細かい部分で変わっていた理由の一端を垣間見た気が。

彩雲国秘抄(新書判)はしっかりというわけではないですが何回かに分けて読み込んでいるので、彩雲国秘抄(上)ビーンズ文庫版を読んだ時「新書判と違う! でも分かりやすくなってる」という発見がありました。
ビーンズ文庫読者向けに初めからこれくらい分かりやすく書いてほしかったです。
というか、初めからビーンズ文庫で出せばよかったじゃん。
今更感が半端ない。

彩雲国秘抄(新書判)発売当時に手が出なかった方や、新書判ではわかりづらかったと感じている方(←当サイト管理人のことです)にはビーンズ文庫版はおすすめです。
それにしても彩雲国秘抄(上)ビーンズ文庫版、紫闇の玉座(下)(彩雲国物語)より100ページ以上少ないですが、それでもぶ厚い。

ちなみに彩雲国秘抄(上・下)角川文庫版は、発売日やネット注文のあれやこれやでまだ手元にありません(泣)。
ビーンズ文庫版のほうが発売日が後だったのに、角川文庫版より先に読んでいるのは変な感じ?
彩雲国秘抄(上・下)角川文庫版のネタバレ・感想は目新しい部分があれば記事書きます。

アマゾン
<角川文庫>2016年2月25日
彩雲国秘抄 骸骨を乞う (上) (角川文庫)
彩雲国秘抄 骸骨を乞う (上) (角川文庫)

彩雲国秘抄 骸骨を乞う (下) (角川文庫)
彩雲国秘抄 骸骨を乞う (下) (角川文庫)

<ビーンズ文庫>
2016年2月27日
彩雲国秘抄 骸骨を乞う (上) (角川ビーンズ文庫)
彩雲国秘抄 骸骨を乞う (上) (角川ビーンズ文庫)

2016年3月31日
彩雲国秘抄 骸骨を乞う (下) (角川ビーンズ文庫)
彩雲国秘抄 骸骨を乞う (下) (角川ビーンズ文庫)

楽天ブックス
<角川文庫>2016年2月25日
彩雲国秘抄 骸骨を乞う 上 (角川文庫)
彩雲国秘抄 骸骨を乞う 下 (角川文庫)

<ビーンズ文庫>
2016年2月27日
彩雲国秘抄 骸骨を乞う 上 (角川ビーンズ文庫)

2016年3月31日
彩雲国秘抄 骸骨を乞う 下 (角川ビーンズ文庫)

セブンネットショッピング オムニ7
<角川文庫>2016年2月25日
骸骨を乞う 彩雲国秘抄 上
骸骨を乞う 彩雲国秘抄 下

<ビーンズ文庫>
2016年2月27日
彩雲国秘抄 骸骨を乞う 上

2016年3月31日
彩雲国秘抄 骸骨を乞う 下(仮)

honto
<角川文庫>2016年2月25日
骸骨を乞う 彩雲国秘抄 上 (角川文庫)
骸骨を乞う 彩雲国秘抄 下 (角川文庫)

<ビーンズ文庫>
2016年2月27日
彩雲国秘抄 骸骨を乞う 上 (角川ビーンズ文庫)

2016年3月31日
彩雲国秘抄 骸骨を乞う 下 (角川ビーンズ文庫)

e-hon
<角川文庫><ビーンズ文庫>
彩雲国秘抄

アニメイトオンラインショップ
<角川文庫><ビーンズ文庫>予約受付中かも?
アニメイトオンラインショップ
【アニメイトオンラインショップ】

ツタヤオンライン
<角川文庫><ビーンズ文庫>
彩雲国秘抄






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。