スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






彩雲国物語 怪盗ジャジャーンを追え![6]

怪盗ジャジャーンを追え!(彩雲国物語DVDセカンドシリーズ初回特典)をレビューしているサイトがほとんどないようなので、独断と偏見で勝手にレビューしていこうかと。

(「怪盗ジャジャーンを追え!」のレビューサイトと確認できたサイトは3つ。
とくにこちらはかなり詳しいです。
どのサイト様もかなり秀逸ですので、このレビューとは雲泥の差。ぜひご一読を)

※注意!!
ネタバレしてます。


静蘭、羽林軍大将軍たちに脅される…。

怪盗ジャジャーンを追え![6]ためし読み

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

怪盗ジャジャーン旋風が朝廷中を席巻している中、羽林軍大将軍の白雷炎と黒燿世は、怪盗ジャジャーンからの挑戦状を心待ちしていた奇特な少数派。
怪盗ジャジャーンからの挑戦状に狂喜乱舞している大将軍ふたり(黒大将軍も「ふっと唇の端をもちあげ、ふんふんと無表情のまま、鼻歌を歌うそぶりをし」ています)をみて、静蘭はげっとうめく。
「仕事を増やすな! 怪盗ジャジャーン」ってとこでしょうか。

「今夜貫徹で待っているぞッ!!」

とやる気満々の上司を尻目にとんずらしようとした静蘭を見逃すはずもない白大将軍。
適当なことを並べ立て、家に帰るつもりだった静蘭を捕まえた大将軍ふたり。

ここで白大将軍に

・態度でけー新人番付一位
・やる気ねー番付一位
・定時にキッカリ帰りやがる番付一位
・仕事フけまくる番付一位


とありがたくない番付をつけられている静蘭。
能力あるんだから仕事しろって感じですが、そういう人間に限って仕事をサボることしか考えてないのが世の常というか。

続いて白大将軍はペラペラと並べた静蘭の大嘘の揚げ足を取り、

「右羽林軍と左羽林軍、どっちが先に今夜怪盗ジャジャーンを捕まえるか勝負しようぜ!!
 万一右羽林軍が負けたら、右羽林軍全員フンドシいっちょでハラ踊りだ!」


といつものごとく黒・白大将軍の勝負になった羽林軍。

「逃げたらお前の腹に『いつもニコニコ現金払いなスダコさんの絵』を刺青で彫って一人だけ腹でタコ踊りをさせてやる」
「オレは頭を刈り上げて『夜露死苦』って剃ってやるか。かっけー」


と静蘭を追い詰める黒・白大将軍。
ここで逃げたら

・間違いなく地の果てまで追いかけられ
・「スダコさんの絵」を腹に彫られ
・坊主にされて「夜露死苦」の剃りこみ
 (漢字を忘れた白大将軍に「四六四九」とされかねない)
・フンドシいっちょで公衆の面前でハラ踊り(タコ踊り?)
・その姿のまま三晩どっかの木に逆さ吊りにされ
・静蘭とスダコさんを肴に太鼓たたいてどんちゃん騒ぎ


……


そんな姿をお嬢様と旦那様に万一見られたら。

い、家出するしかない──

風呂敷しょって泣く泣く邸を飛び出す自分の姿(←でも頭は「四六四九」)が浮かぶ静蘭。
二人の本気を知り、静蘭撃沈。
スダコさんと「四六四九」に、負けた。


その晩、ふてくされた静蘭は楸瑛直属の武官である皐韓升と見回り。
皐武官のさりげない優しい忠告に心動かされた静蘭は、

「君、左羽林軍をやめて右羽林軍にきませんか」

とさっそく皐武官のスカウト開始。

「藍将軍なんかの下にいるよりよっぽど有意義な人生をお約束しますよ」
「顔も頭も将来性も口と性格の悪さも腹芸も、文句なしに私のほうが格上です」
「私を選びますね? ええ当然です」


と、生まれながらのわがまま貴公子っぷりをここぞとばかりに発揮。
うっかり頷きそうになるのをかろうじてこらえる皐武官。
静蘭の機嫌が見る見る悪くなっていくのを見て泣きそうになった皐武官だったが、

「怪盗ジャジャーンが出たぞー!!」

という叫び声に救われる。

次回 羽林軍から盗まれたものは?


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

怪盗ジャジャーンを追え!、後半に突入。
今回は羽林軍にいる静蘭の実態が垣間見える話でした。
というか、ジャジャーンまだ盗んでないし。

静蘭、仕事をサボるためにあらゆる手段を使ってるんですねー。
しかも楸瑛のことを「財布の役にしか立ちゃしない」とか、「甘ちゃんボンボン」とか言いたい放題。
静蘭が楸瑛に対する態度があんななのは、やっぱ初対面で女に間違われたことが原因なのかな?
(「鈴蘭の咲く頃に」から)


アニメ情報局 新作・人気アニメを徹底分析!
彩雲国物語 DVD


怪盗ジャジャーンを追え![6]の書き下ろし小説のついているDVDはこちら。

彩雲国物語 セカンドシリーズ 第9巻〈初回限定版〉
彩雲国物語 セカンドシリーズ 第9巻〈初回限定版〉

theme : 彩雲国物語
genre : アニメ・コミック







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。