スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






彩雲国物語 小説、アニメ、ドラマCD、応募者特典情報サイトトップ >彩雲国物語 初回特典CD >>彩雲国物語DVD 特典CD~ドキッ!男だらけの彩雲国物語

彩雲国物語DVD 特典CD~ドキッ!男だらけの彩雲国物語

アニメ「彩雲国物語」のDVDについている特典CDのレビュー。
全ての特典を網羅することは出来ませんが、手に入ったものに関してはちょこちょこレビューしてみようと思います。

今回は「ドキッ!男だらけの彩雲国物語」。
一応ラジオらしいです。
パーソナリティはタイトルからもお察しのとおり、関智一さん、緑川光さん、森川智之さん、檜山修之さんです。
4人でしゃべっているため何が何やらなので、分かりやすいように一部省略しています。





◆◆◆◆

ご挨拶からいきなりすごいハイテンション。
檜山さんだけ落ち着いていますが。
檜山「何このテンション」
関「いやもうヤケッパチです」
(ハイテンションのまま自己紹介)
緑川「なるほど四人揃うとこういう感じになるんですね」
関「森川さん喉が痛そうでしたよ今」
森川「なんだこりゃ」
檜山「ヘリウムガスが切れた連中かこれは」
関「男ばっかでむさくるしい…」
緑川「でも貴重じゃないですか」
関「貴重ですよね~」
森川「吉祥寺ですよ」
檜山「吉祥寺じゃない!」(すかさずツッコミ)
関「でもキショイですよね」
緑川「今日ずっとこんなテンションでやっていくわけですか?」
関「そうですね」
檜山「一人くらい事切れるんじゃないか? 終わったころには」
関「バーッとやって早く終わらせて帰りましょう」
檜山「エンディングで誰かいなくなってるかもしれない」
緑川「怖いですね」

(繋ぎのひと言→森川「誰が生き残るかな」)

関「男が、四人で彩雲国物語を語っていきます」
ということで、第2期シリーズの感想。
森川さんは。
森川「いっぱい出れるといいなー!」
関「希望じゃないですかそれ。感想じゃない」
檜山「意気込みだよ。その意気込みは俺たちの力じゃどうにもならない意気込みだよ」

その檜山さんは。
檜山「絳攸的にはですね、二期の前半のほうで秀麗との結婚話というか、盛り上がるじゃないですか。それに右往左往する絳攸。一期シリーズよりもギャグテイストが増えてたような気がするんだよね。恐らくこれから二期シリーズを見ていただければよく分かると思うんですけど。それはどういうことなのか、僕が絳攸をそういう風に変えてしまったのか、ちょっと考えてる今日この頃です」
緑川「なるほど、さすが」

緑川さんは。
緑川「出番が欲しいっ! もうびっくり! もうずーっと皆勤賞だったのにあららら~…あら急にどうしちゃったの(という感じで)檜山さんじゃないけどやっぱ自分が責任あるんじゃないのかなー…そう思う今日この頃」

関さんは、皆さんと違うことを言うと宣言しておきながら。
関「出番が欲しい」
みんなに「一緒じゃん」とつっこまれています。
関「僕ら全員出てないですよね。(秀麗たちは)あっちに行っちゃってるじゃないですか。茶州に行ってますからね。我々は全然描かれなくなってしまいました」
檜山「でも光君は茶州に行ったんだろ?」
関「行ってますよね」
檜山「俺ら見送ったぜ」
緑川「でも初期はそんなに出てないね」
檜山「茶州に行く途中で何があった? 茶州で何があったの? こっち三人は居残り組みだからさ」
関「秀麗と何をしたんですか」
緑川「いやほらあっちもさらに細分化してるから」
檜山「細分化しちゃったの?」
(森川さんの駄洒落再登場…細分国物語とか言い出しています)
緑川「なんか愚痴大会みたいになってる」
関「基本静蘭無口ですからね。いてもあんまりなかなか口を開かない。だから僕たちじゃない、しゃべってる人たちで(このラジオを)やればよかったのにね」
森川「愚痴大会になるって分かってるのに」
檜山「多分これ折り込み済みだよ。男4人がぐだぐだぐだぐだ愚痴を言うって事は」
森川「分かった。これは多分ガス抜きのためにこの4人をね(呼んだんだよ)」
関「みんな不満が溜まってるから」
森川「収録の雰囲気を悪くしないためにも」
関「ここでいっぱいしゃべっておけって言うことですかね」

●文武両道!彩雲国官吏登用試験
本家「双剣の舞」でやったことを、森川・檜山ご両人にもやってもらおうということで。
(関・緑川VS森川・檜山で対決)

第1回戦はジェスチャー対決!
関「これによって、表現力が身につきます」
檜山「無理やりとってつけたような一行だなこれは」
森川「変わっちゃったらどうしようね。自分がやってる役が急に変わっちゃったりなんか」
檜山「ま我々の仕事は別にジェスチャーで表現する仕事じゃないですからね」
緑川「たまにいますけどね」

最初は森川さんのジェスチャーを檜山さんが当てます。
森川さんはペットボトルを片手にいろいろ頑張っていたようですが、結局檜山さんは正解にたどり着けませんでした。
関さんと緑川さんは横槍を入れています。
正解は「棔で戦ってる燕青」。

次は緑川さんのジェスチャーを関さんが当てます。
「う~ん」と悩んでいる緑川さんに、森川さんが「いい声だよね、光ちゃんて」とちゃちゃを入れていますが。
あっという間に「二胡を弾く秀麗」と正解を当てます。
文句たらたらの森川・檜山。
檜山「これ初級と上級くらいの差があるぞ」

第2回戦はモノマネ対決!
最初は檜山さんのモノマネを森川さんが当てます。
森川「全然俺はキャラクターそんなわかんないからね。全く出会ってない人のモノマネされても」
関「分かっても名前が分かんない場合もありますしね」

というわけで、檜山さんがとってもいい声でモノマネスタート。
「さて、今日はどれを着けようかな」
檜山さんが「お前この現場でよく真似する」とヒントを言いますが、森川さんは「(キャラの)名前が出てこない」と、役者さんの名前を答えています。しかも「中多さんが、今日はどこで飲もうかなと考えている」とか言ってます。
結局名前が出てこなくてタイムオーバー。
正解は「仮面を選んでいる黄奇人」。
檜山「我々の敗因は、共演者のキャラを覚えてないと言うことです」
緑川「惜しいところまで行ったんですけどね」
関「名前で苦戦していますね」

次は関さんのモノマネを緑川さんが当てます。
関さんが“あの”声で泣いているのを聞いて緑川さんは即答。
緑川「泣いている子供の劉輝」(正解は「子劉輝が泣いているところ」)
お二人からはまたもやブーイング。
森川「ちょっと待てよこれー!」
檜山「モノマネじゃないじゃん!」
(略)
緑川「よくラジオでやってるネタだ」
森川「だってお前の役じゃないかよ」
檜山「確かに子劉輝は岡村さんがダブってたけどさ、劉輝はお前じゃんか!」
関「まあそうですけど、今日はほら、こんな調子悪い声なのに」
森川「いつも調子悪いじゃないかお前」
関「一発で(当てました)。躊躇なく」
緑川「素晴らしいですよ」
森川「なんか遊ばれてる感じがするな」

第3回戦はカルタ対決!
最後は勝てば3ポイント獲得と言うことで、ぜひゲストに勝ってもらいたいと関さん。
7枚しかないカルタを4人で取ります。
檜山「随分寂しいなこれ!」
森川「もうちょっと予算使おうよ」
檜山「彩雲国カルタってこんな数少ないの? 登場人物はいっぱいいるのに」
(カルタ取り対決の間はとにかく賑やかで文字起こし困難)
(小学生がわいわいカルタをやってる感じがします)
1枚目は緑川さん、2枚目も緑川さん、3枚目は関さん、4枚目は森川さん、5枚目は緑川さんがゲットして、関・緑川チームの勝ち。

エンディング。
関「あっという間でしたね。始まった時のあのテンションが嘘のような、倦怠感」
檜山「テンションは下がったんだけど、呼吸が荒くなったような」
関「心拍数が上がった、テンションの代わりに。森川さんも、顔がだいぶほてった感じ」
森川「疲れました」

それぞれ感想をひと言。
森川「ゲームでやる気を出そうかと思ったんですけど、全く心と体が裏腹で、全く体が言うこと聞いてくれません」
関「寂しいですね」
森川「なぜかっつったらね、森川・檜山はですね、さっきまで二人でいつものトークライブをやってたんだよね。はっきり言って抜け殻なんですよ」
関「なるほど、そこで全部出し切ってきちゃったからね」
森川「いい感じにでも笑わせていただいたんで。楽しかったです」
緑川「ベストの状態だったら黄奇人とか出ますもんね」
森川「出ますよー」
緑川「疲れてるからですよね」
森川「(中多さんの真似で笑う)でますよ」
檜山「中多さんは出てくるんだけど、黄奇人が出てこない」

檜山さんは。
檜山「面白かったですね。この4人で絡むのは珍しかったんで。聞いてもらうとね、音声がクロストーク過ぎてぐたぐたで、何がなにやら分からないかもしれないですけれど、少なくとも我々は楽しかった」
関「楽しさはきっと伝わってることと思います」

関さん。
関「森川さんの目の前にあるカルタを取れなかったことが一番思い出に残ると共に、印象的な楽しい出来事でした」

緑川さんは。
緑川「俺もそう。森川さんが一つだけ狙ってた「が」を奪ったことはすっごい嬉しかったね」
檜山「光君ハンターだよ」
森川「とんびに油揚げを取られたような感じがしたよ」
檜山「昔やってたアニメでさ、光君が「俺はハンターだ」って言ってた(のを)ものすごい思い出しちゃった」
緑川「いやでも気持ちよかった~」
森川「ゲームになると光ちゃん強いよね」
関「ゲーム慣れしてますよね」
森川「何でも強い」

締めのひと言!
檜山「しかしなんだね、この番組、ラジオ向けじゃない企画多いよね」
関「そうですね」

終始わいわいと楽しげなラジオ?でした。
本家のラジオ(双剣の舞)ではこのメンバーに桑島法子さんが加わったバージョンもあります。そちらもどうぞ♪










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。